●コラム

ポカポカ春がまちどおしい

菜の花

こんにちは!

さっぽろ薬膳スクールしんどふにです。

春分が過ぎました~

 

薬膳でも始まりの春です。

うらやましくも もう、桜が咲いた地域もありますね。

札幌も例年の1.5倍は積雪がありますが、着々と春に向かっています。

札幌の桜はゴールデンウイークくらいなんです。


いつから春?

 

私は「春」って植物が芽吹いてから~とお伝えしています。

動物や虫も、すべてが活動しはじめ生命がみちあふれて

寒い冬の間にじっとして固まっていたので、春の陽気についていけずに

不調が起きやすいです。

春の不調

 

  • 三寒四温によって風邪をひく
  • 花粉症
  • 目の症状(かすみ目、疲れ目、充血
  • くしゃみ、鼻水、鼻づまり
  • 胃の不調
  • 肌荒れ
  • 頭痛、首や肩のコリ
  • 爪が割れる

過去の持病が再発(ぎっくり腰など)

いかがですか?

 


春に負担のかかる臓器

 

肝臓と胆のうです。

  • 肝臓---血の貯蔵と身体中に巡らせること、精神とも関係

  決断を管理

  • 胆のう---胆汁で消化を促す

  実行を管理

 

★肝臓と胆のうのケアをしなければ決断と実行ができないなんて~

こわいですね!

ケアの仕方はまた後日書きますのでお楽しみに~

 

お問い合わせはLINE公式またはメールで!

友だち追加

メール ▶ honmono.kenko@gmail.com

-●コラム

© 2022 「おうちでセルフケア薬膳と暮らし」40代からの女性へ向けて  Powered by STINGER