●コラム

春の不調のケアについて

 

さっぽろ薬膳スクールしんどふにです。

3月8日はミモザの日!
女性に感謝を伝えるイタリアの記念日なんですって~

とっても素敵ですね。

花言葉は、秘密の恋、思いやり、友情、優雅などもあるそうです。

さて、春の不調を分析してみましょう。

 

春は強い風が吹く!

風による影響は、身体の上半身に表れやすいです。

目の充血、鼻水、頭痛、花粉症、じんましんや皮膚のトラブルなど

風が首の後ろから吹き込むと、風邪をひきやすかったりします。

ですから、首を守るために「スカーフ」でカバーしましょう。

 

早起きして朝日を浴びましょう

 

春の朝日は1年中で一番エネルギーがよいのです。

そして、そして、春は特に眠いですね。

気温の変化に対応

 

暖かい日があったかと思うと、寒くなったりの繰り返しで

体調を崩しやすくなります。

脱ぎ着のできる衣類で工夫をし、冷やさないようにしてください。

ゆっくりと、じょじょに自然に合わせて身体を慣らしていきましょう。

 

じょじょに身体を動かす

 

冬の間じっとしていて、凝り固まった身体の老廃物を排出する為に

全身の血流をよくし、解毒の準備をしましょう。

大股で歩くとかいいですよ。

 

ストレス対策

 

春は環境が変わったり、担当の臓器「肝」が働きだし、

ストレスの原因になります。

ストレスは、エネルギーの流れを妨げるので様々なトラブルを起こします。

ご自分にあった、適度な運動、アロマ、呼吸など・・・

ストレス解消法を工夫してみてくださいね。

********************************************

もっと、春の養生について気になる方はラインからお問合せ下さい。

お問い合わせはLINE公式またはメールで!

友だち追加

メール ▶ honmono.kenko@gmail.com

-●コラム

© 2022 「おうちでセルフケア薬膳と暮らし」40代からの女性へ向けて  Powered by STINGER